アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

更年期用サプリ

更年期とは、一般に閉経を挟んだ前後10年くらいの期間のことです。
日本人女性の平均的な閉経年齢は、およそ50歳前後と言われていますので、40代から50代がその時期に当たります。
この閉経前後は、体のメカニズムに大きな影響を与える女性ホルモンエストロゲンの分泌が減少し、これが原因となって心身に様々な支障が起こります。
これがいわゆる、更年期障害なのです。
この症状は様々あり、たとえば心の不調としてはイライラや不安感、鬱などが、また体の不調では疲労感や下腹部の傷み、ほてりや多量な汗、体重の増加などが代表的な例です。
人により程度の差はあれど、これらの症状は時に平常な日常生活を妨げる場合もあり、多くの人が改善が望んでいます。
そこで医学的アプローチとしては、婦人科にてホルモンの補充療法が行われています。
ただし、この方法は副作用などのリスクを伴う場合があり、必ずしも誰もが可能な治療法とはいえないのです。
そこで注目されるのが、副作用の心配が少ない漢方やサプリの摂取です。
今、ホルモン療法に代わって、こうした穏やかな作用のこれらを積極的に摂取する人が増えているのです。

漢方で乗り切る

漢方は、一般の西洋医薬品に比べて、あまり身近ではないという方が多いようです。
確かに、西洋医薬品は身近なドラッグストアや病院で処方され、比較的手に入れやすいものです。
その点、こちらはドラッグストアでも販売されていますが、難しい漢字が使われ、いったいどういった作用があるものなのかわかりにくいとされています。
やはり初めて購入する場合は、専門の漢方薬局でカウンセリングを受けることが推奨されます。
東洋医学では、同じ病気でも体質によって表れる症状が変わるといった基本的な考え方があり、その違いによって処方される薬剤も変わってくるのです。
こうしたことから、自分に合う薬を得るためには、まずカウンセリングで薬剤師に相談してから購入することがベストなのです。

効果的な商品

一方、サプリは医薬品とは違い、ドラッグストアや通販などで比較的手に入れやすくなっています。
更年期サプリで一番人気が高いのは、「大豆イソフラボン」です。
大豆イソフラボンは、大豆の胚芽に含まれた成分で、その作用が女性ホルモンとよく似ていることから、ホルモン療法の代わりとして活用されているのです。
この他には、マルチビタミンもよくあげられています。
ビタミンは体の調子を整えることから、健康を維持するために重要な役割を果たすことが知られていますが、もう1つ大きな作用としてエストロゲンの減少ペースを抑える働きがあり、この時期には特に積極的に摂取したいものなのです。
その他、マカやローヤルゼリー、レッドクローバーなどにもホルモンバランスを整える効果があり、こうした種類をいくつか組み合わせて取るとさらに効果的とされています。

オススメリンク

病気、原因

更年期は、最近よく耳にするように思います。
じとっとした冷たい汗をたくさんかいてしまうことや、精神的に憂鬱になってしまい、うつのような症状がでるとききます。
大体の年齢としては、閉経前後の年の45~50歳前後になるとい…Read more

治療について

病院での治療としてよく聞くのが、ホルモン療法、プラセンタ療法、漢方薬療法があり、それとあわせて、生活習慣の改善や食事療法(サプリメント療法)も行っていきます。
ホルモン療法(補充療法)は、少なくなったエストロゲンを補充するとい…Read more

関連リンク